自粛期間の旅の楽しみ方「Google Earthでアンダルシアへ:前編」

旅・その他

街の様子を見たい時には
マウスホイールを上にスクロールするか
画面右端の拡大縮小バーを+側へスライドさせます。
すると

拡大していくとバードビューになります。
ナツコ
ナツコ

わわっ!
まるで空を飛んでるみたいだね!

でしょ~!?
でもね、実はここからが更にスゴイんです。
Google Earthの大好きな機能、ご案内しますね。
まず、上のアイコンの左から6番目のビデオカメラのようなアイコンをクリック。
すると左下に赤い丸がついたボタンが出て来るので、それをクリック。
そして矢印キーで画面を動かして最後にもう一度同じボタンを押すと・・・

Google Earthの使い方2(セビリア上空)
ナツコ
ナツコ

スゴーイ!!
鳥さんになった気分だ~っ♪

でしょでしょ~っ(≧▽≦)!?
Google Earthは画像を動かして楽しむだけでなく
それを録画して保存する機能まで付いてるんですよ♪
私はこのバードビューくらいの目線で録画するのが大好きです。

さて、話を旅に戻しましょう。
午前中から午後3時くらいまで、セビリアの街を散策した後は
いよいよレンタカーを借りに行きます。
ヨーロッパはATのレンタカーが少ない、と聞くので不安ですが
借りた人の話もいくつかあるし、まぁ、AT車がレンタル出来たと仮定して
夕方、セビリアを出て向かうは
カルモナ!!

一面のヒマワリ畑を求めてカルモナへ

アンダルシアと言えば
見渡す限り一面のヒマワリ畑(*´∇`*)
絶対にコレは外せない!!

なので必然的に旅するシーズンも決まります。
アンダルシアのヒマワリは日本より早く
5月下旬から6月中旬に満開を迎えるそう。

なので、私の旅は6月上旬辺りで想定しています。

そしてアンダルシアのヒマワリ畑と言えば
カルモナという小さな町の周辺が有名なんだそうです。
この旅の1つ目にして最大の目的

「見渡す限りヒマワリ畑という丘陵地をドライブ」

を早速達成しに向かいます!

6月上旬のアンダルシア地方の日没がどうやら夜9時半頃。
マジかっ!!そんな時間まで明るいの!?

セビリアからカルモナは
車でどうやら30分くらいで到着するらしい。
夕方セビリアを出ても
充分明るくて安全に運転できると思いました。

それにしても何故
翌朝を待たず、夕方のうちに移動を?
と思われる方も多いでしょう。
理由は3つ。
・ヒマワリ畑の昼間は日差しをよける場所がなくとにかく暑い。
・日中は小さな虫が大群で飛んでいてゆっくり景色を眺められないらしい。
・ステキなパラドールに泊りたい。

憧れのアンダルシアのヒマワリ畑。
日差しが降り注ぐシエスタの時間に
優雅に花畑で癒される自分を夢見ていましたが
Google Earthで見る限り
確かに日陰らしい日陰がないんですよ。
暑いんだろうなぁ(^o^;)

更に虫情報!
日中はヒマワリ付近はコバエみたいな小さな虫がわんわん飛んでいるらしいです。
これは耐えられそうもない。

なので
ヒマワリ畑のカルモナは夕方と早朝に楽しみたく
それに加えて
調べるうちに
カルモナにステキなパラドールがあるらしいと知って
ならばアンダルシア初日はカルモナ泊かな、と思いました。

ナツコ
ナツコ

パラドールってなぁに?

パラドール、それは・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました